保護者向け「新型コロナウイルスに関する電話相談サービス」開始、AIG損保

対象は全国の公立小中高生の保護者

AIG損保は3月16日、全国の公立小中高生の保護者を対象とした「新型コロナウイルスに関する電話相談サービス」の提供を同日より開始すると発表した。
新型コロナウイルス感染症の拡大により、不安を抱える多くの保護者の声に応えるもので、同社保険への加入の有無を問わず利用できるという。

24時間・無休で対応 同社保険加入の有無問わず利用可

同社では、子どもの病気・ケガ・賠償リスク等に備える「総合保障制度」を提供し、これに付随するサービスとして「24時間健康相談サービス」も提供している。
今回、この「24時間健康相談サービス」に加え、新たに「新型コロナウイルスに関する電話相談サービス」を設置した。
新たに設置された「新型コロナウイルスに関する電話相談サービス」では、子どもに関する相談のうち、新型コロナウイルス関連の様々な相談を受け付ける。相談に対応するのは経験豊富な看護師や保健師たちで、24時間、無休で行うという。
同社は小中高生向け保険の牽引役として、これまでも子どもの安全を支援する先進的な取り組みを進めてきている。今後も事業戦略コンセプトである「ACTIVE CARE」に基づいた商品・サービスを提供するとしている。
(画像はAIG損保 ホームページより)


▼外部リンク
AIG損保 プレスリリース
https://www.aig.co.jp/20200316-01
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)