ソニー損保、運転特性連動型自動車保険の販売を開始

保険料を最大30パーセント、キャッシュバック!

ソニー損害保険株式会社は2020年3月18日より、AIを活用した運転特性連動型自動車保険「GOOG DRIVE(グッドドライブ)」の販売を開始した。
これは、スマートフォンを活用して運転者の運転特性を計測し、これを元に事故リスクを推定して、その結果に応じて保険料が最大で30パーセントキャッシュバックするというもの。事故リスクの低い運転をする契約者にキャッシュバックのインセンティブを提供することを通じて、事故リスクの低減や、交通事故の少ない社会の実現を目指すとしている。

事故リスクを推定してスコア化

同商品では、契約者が「GOOD DRIVE」アプリをスマートフォンにインストールするほか、契約後にソニー損保が送付する「GOOD DRIVE」デバイスを契約車両のアクセサリーソケットに挿入することで、運転特性が自動で計測される。
運転特性データとして計測されるのは、「走行時間」、「アクセル」、「ブレーキ」、「ハンドル」、「走行中のスマートフォン操作の状況」などで、保険始期日以降に計測される全ての運転特性データから、事故リスクを推定してスコア化し、そのスコアに応じてキャッシュバック率を決定するとのこと。
契約の見積もりおよび申し込みはスマートフォンの「GOOD DRIVE」専用サイトで手続きが行える。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
ソニー損害保険株式会社のプレスリリース
https://from.sonysonpo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ソニー損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)