チューリッヒ、乳がんリスク検査付帯の保険商品「乳がん ミエルケアR」発売

広島大発のベンチャー企業、株式会社ミルテルと共同開発

チューリッヒ保険会社は2020年3月26日、乳がんリスク検査「乳がん ミアテストR」を付帯した保険商品、「がん保険 ミエルケアR」を開発したことを発表した。
これは、チューリッヒが広島大発のベンチャー企業、株式会社ミルテルと業務提携を通じて開発した保険商品。乳がんリスクの早期発見を可能とする乳がんリスク検査、「乳がん ミアテストR」が付帯されている。

画像検査などで発見が難しいレベルでも検知を期待

「ミアテストR」は、各臓器から出る疾患特異的な因子を検出し、疾患の早期発見を促す血液検査。採血による検査であり、既存の検査に比べて患者の負担が少ないというメリットがあるほか、画像検査などでは発見が難しいレベルのものでも検知できる可能性がある。2013年より開始しており、2019年12月末時点で5000件以上の検査を提供している。
「がん保険 ミエルケアR」は、3月26日より広島銀行にて取り扱いを開始するのを皮切りに、提携先企業が保有する会員や顧客に対し、順次販売を開始するとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
チューリッヒ保険会社のプレスリリース
https://www.zurich.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:チューリッヒ
(記事提供:スーパー・アカデミー)