マニュライフ生命のコールセンター、4年連続で三つ星獲得

HDI-Japanのモニタリング格付け、2019年12月に
マニュライフ生命保険株式会社(以下「マニュライフ生命」)は4月9日、2019年HDI格付けベンチマークにおいて、コールセンターの応対品質で三つ星を獲得したと発表した。
格付け評価ではHDI-Japanの審査員がカスタマーサポートを5項目にわたって1~4点で評価する。総合評価の「三つ星」は最高ランクで、平均点が3.5点以上の団体に付与される。
マニュライフ生命はHDI-Japanから2016年の格付けで初めて三つ星を獲得し、以来4回連続で最高評価を得た。同社が提供する保険代理店専用のヘルプデスクも、アフターサービスにおいて2年連続の三つ星を獲得した。

複雑化する社会の中で顧客にわかりやすく効果的に

マニュライフ生命のコールセンターはサービス体制、応対プロセス、対応スキル等で高く評価された。担当者が協力的で説明が具体的でわかりやすい、柔軟な対応がプロらしい等のコメントが寄せられた。
マニュライフ生命は複雑化する社会の中で顧客がより良い判断ができるよう応援している。同社は今後も簡潔かつ効果的なサービスの提供に努めていく方針だ。
(画像はマニュライフ生命公式サイトより)


▼外部リンク
マニュライフ生命 リリース
https://www.manulife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:マニュライフ生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)