「保険市場」運営のアドバンスクリエイト、オンライン主軸の営業が急拡大

政府方針に沿って出勤7割減

「保険市場」を運営するアドバンスクリエイトは4月20日、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策とオンラインを主軸とした営業状況について発表した。
これによると、同社では政府の方針に沿って在宅勤務を実施し、出勤割合の7割削減を実現。営業状況においても、外出・対面が不要な保険申込体制を保有しているため、多くの消費者に利用されているとしている。

オンライン保険相談とオンライン生命保険申込が急増

営業状況では、特に「オンライン保険相談サービス(ビデオ通話)」とオンライン生命保険の申込の利用件数が急速に拡大しているという。
「オンライン保険相談サービス」は、自宅にいながらビデオ通話で保険相談ができるサービスだ。スタッフと直接面談しなくても既契約の分析や追加での保険申込などができ、対面相談と同水準のサービスを受けることができる。
同サービスは2020年3月18日に開始されたばかりだが、4月16日現在で総面談数の7割以上を占めるまでになっている。
また、オンライン生命保険の申込件数も2月から急増し、4月度の申込件数は4月16日時点で前年同日比336.1%の1,026件となっている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アドバンスクリエイト ニュースリリース
https://www.advancecreate.co.jp/20200420PressRelease.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)