第一生命、アジア開発銀行発行のヘルス・ボンドへ投資

新型コロナウイルス感染症対策のプロジェクトを支援

第一生命保険株式会社は2020年4月22日、アジア開発銀行が発行する、総額約100億円のヘルス・ボンドを全額購入したことを発表した。
アジア開発銀行(ADB)は2020年3月、新型コロナウイルス対策のため、アジア太平洋地域の開発途上国に対して65億ドル規模の緊急支援策を実行することを公表した。同社は、この債券への投資を通じて、新型コロナウイルス対策に向けたADBの取り組みを資金面からサポートするとのこと。
「ユニバーサル・オーナー」としてSDGs債に積極的に投資
第一生命は、日本全国約1000万人の顧客から預かった約36兆円の資金を、幅広い資産で運用する「ユニバーサル・オーナー」として「QOL向上」、「地方創生・地域活性化」、「気候変動」を重点テーマとしてESG投資を推進しており、国際開発金融機関などが発行するSDGs債にも積極的な投資を行っている。
ADBが公表した支援策には、感染症予防・看護で必要となる医薬・医療品の供給や、申告呼吸器疾患治療で必要となる器量機器の調達など、途上国向けの保健衛生・医療関連プロジェクトが多く含まれている。ADBは、同債券によって資金を調達し、このような新型コロナウイルス感染症対策をはじめとした取り組みに供給される。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
第一生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.dai-ichi-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)