東京海上日動と日本IBM、風災被害AI予測モデルを共同開発

被害レベルをAIモデルが予測
東京海上日動火災保険株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は2020年4月28日、風災被害AI予測モデルを共同で開発したことを発表した。
これは強風が発生したエリアにおける被害レベルを予測するAIモデルで、東京海上日動がこれまでの災害対応を通じて蓄積したデータ、IBMのグループ企業であるThe Weather Company(TWC)の天候データ、日本IBMが有するデータ分析の専門性や知見を活用して共同開発されたもの。

大規模自然災害後の迅速かつ効率的な対応を可能に

近年、日本各地で自然災害による大きな被害が頻繁に起こっており、保険会社には防災や減災サービスの提供、事故受付、保険金支払まで、迅速かつ効率的な対応が求められている。
そのような状況を受けて、東京海上日動火災と日本IBMは、TWCの高精度な天候データを活用し、台風による風災被害の予測技術適用に向けて、実証実験を進めてきた。
今回の検証では、特定の台風において、地域レベルでの支払件数予測が高精度で可能であることが立証された。2018年の台風21号を用いたケースでは、特に被害の大きかった、大阪府での実際の保険金支払件数とAIが算出した支払件数が、誤差率5パーセント以内という確率で一致するに至った。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
東京海上日動火災保険株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社のプレスリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)