アフラック、日本医師会等に5億円を寄付 全国の医療機関・医療従事者を支援

最前線の医療機関と医療従事者に敬意

アフラックは4月30日、新型コロナウイルス感染症に対応する全国の医療機関と医療従事者を支援するため、日本医師会等に計5億円を寄付すると発表した。
日本国内では新型コロナウイルス感染症への対応が長期化している。このため同社では、医療の最前線で感染者の治療などに尽力する全国の医療機関と医療従事者を支援しようと、今回の寄付を決定した。
同社はこの寄付を、医療機関および医療従事者の勤務環境の改善と、新型コロナウイルス感染症拡大防止に役立ててほしいとしている。

寄付先と金額

寄付先等については、公益社団法人日本医師会に3億円を寄付。コールセンターを含む同社契約サービス部門の拠点がある自治体と自治体が設立した基金(調布市、大阪府、神戸市)に2億円を寄付。

すべてのステークホルダーに責任を果たす

同社では、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、生命保険会社としての社会的責任を果たすなど、これまで様々な対応を行っている。
今後も、すべてのステークホルダー(顧客、ビジネスパートナー、社員、株主、社会)に対する責任を果たすとしている。
(画像はmykoさんによる写真ACより)


▼外部リンク
アフラック ニュースリリース
https://www.aflac.co.jp/news_pdf/20200430.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アフラック
(記事提供:スーパー・アカデミー)