SBI損保、福島銀行で自動車保険取り扱い開始

福島県内地方銀行初
SBI損害保険株式会社(以下、SBI損保)は5月1日、株式会社福島銀行と損害保険代理店委託契約を締結したことを発表した。
これにより、福島銀行は発表と同日の2020年5月1日より、公式ウェブサイトにおいて「SBI損保の自動車保険」の取り扱いを開始。同社の「SBI損保の自動車保険」を取り扱うのは、福島県の地方銀行で初となる。
福島銀行は福島県内を中心に営業店舗を48ヵ所、また出張所も5出張所展開しており、地域の活性化を目指した地域貢献などに積極的に取り組んでいる。
SBI損保では「地方創生」を積極的に推進しており、福島銀行との取り組みもその一環。同社では今後も地方の金融機関と積極的な協業を行い、幅広いマーケットでサービスを提供していきたいとのこと。
誰からも選ばれる自動車保険
SBI損保が提供している「SBI損保の自動車保険」は、カカクコム社が発表する「価格.com 自動車保険満足度ランキング2020」の保険料満足度において第1位の評価を得ており、保険料の部門においては11年連続で1位を獲得している。
同商品は見積もりから申し込みまでインターネットで完結することが可能であり、インターネット割引などを利用することで保険料をリーズナブルにおさえることが出来る。
またロードサービスの充実、24時間365日の事故受付など対応もしっかりとしているのが特徴である。
同社では損害保険代理店委託契約締結によって、福島銀行の利便性を最大限に活かした自動車保険を提供できるようになるとしている。
(画像はSBI損害保険株式会社ホームページより)


▼外部リンク
SBI損害保険株式会社ニュースリリース
https://www.sbisonpo.co.jp/company/news/2020/0501.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBI損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)