損保ジャパン、感染症を補償する保険の商品改定

新型コロナウイルス感染症を対象に
損害保険ジャパン株式会社は4月24日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い自社の感染症を補償する保険商品の改定を実施することを発表した。
同社では新型コロナウイルス感染症の影響が全国規模で拡大し続けていることをふまえ、特定感染症を補償する各種商品に新型コロナウイルス感染症を対象とすることを決定。認可などの諸手続きが完了し次第、近日中に開始するとのこと。
現在、同社の特定感染症を補償する保険商品の多くは新型コロナウイルス感染症が補償の対象外となっている。同社では顧客からの補償対象化を望む声をうけ、商品改定を実施するとのこと。
企業への保険も対象に
損害保険ジャパン株式会社が企業向けに展開している保険商品のうち、感染症を原因とした利益損失等を補償する契約では、これまで新型コロナウイルス感染症を対象としていなかった。
しかし今回の改定において、企業総合補償保険や店舗総合保険、賠償責任保険などを対象に新型コロナウイルス感染症を原因とする補償を新たに追加する予定とのこと。
これは従業員や顧客など、施設の来場者が新型コロナウイルス感染症に感染したことで、施設が休業した場合等の費用を補償するもの。定額20万円の支払いを予定している。
改定は新型コロナウイルス感染症が指定感染症となった2020年2月1日に遡って適用され、今回の商品改定に伴う追加保険料はない。
(画像は損害保険ジャパン株式会社ホームページより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン株式会社ニュースリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損害保険ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)