東京海上日動あんしん生命、新型コロナウイルス感染症に関連し、商品を改定

災害死亡保険金・災害高度障害保険等の支払い対象に

東京海上日動あんしん生命保険株式会社は2020年5月7日、新型コロナウイルス感染症による影響を受け、災害死亡保険金・災害高度障害保険金等の支払い対象とする商品を改定したことを発表した。
今回の改定により、個人保険および団体保険について、新型コロナウイルス感染症を、災害死亡保険金・災害高度障害保険金等を保障する商品における、対象となる感染症に追加し、2020年2月1日以降の保険期間中に支払い事由に該当した場合、災害死亡保険金・災害高度障害保険金の支払い対象となる。

災害割増特約等でも対象に

さらに個人保険では、特別条件付き保険特約等について、保険金削減支払い法、給付金削減支払い法、特定疾病・部位不担保法を適用した場合であっても、新型コロナウイルス感染症を原因として保険金や給付金などの支払い事由に該当した場合には、これらの特別条件を適用せずに、保険金や給付金などが全額支払われるとのこと。
また団体保険においても、不慮の事故が直接の原因で死亡した場合に死亡保険金等を割増しして支払う、災害割増特約等の商品で、新型コロナウイルス感染症を約款所定の感染症と同様に災害割増特約等の対象とすることになった。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
東京海上日動あんしん生命保険株式会社のプレスリリース
https://www2.tmn-anshin.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動あんしん生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)