三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、保険料支払いで新たなスマホ決済導入

「PayPay」と「クレジットカード」を導入

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は5月20日、「保険料スマホ決済サービス」に、5月から新たに「PayPay」と「クレジットカード」を導入したと発表した。
両社は2019年7月に「保険料スマホ決済サービス」を開始。その後スマートフォン決済は急拡大し、「PayPay」のアカウント登録者は2,800万人超となった。
そこで両社は顧客の利便性向上を図り、「保険料スマホ決済サービス」のラインナップに「PayPay」と「クレジットカード」を追加した。

「保険料スマホ決済サービス」の概要

同サービスでは、両社それぞれが提示したQRコードを顧客が自身のスマホで読み取って決済専用サイトに移行する。
同決済サービスの5月時点のラインナップは、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、ワイモバイルまとめて支払い、Yahoo!ウォレット、PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、Apple Pay、PayPal、銀聯ネット決済と、クレジットカードを加えた全12種類だ。
顧客は、これらの中から希望する決済サービスを選び、自宅に居ながら保険料を支払うことができる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保 ニュースリリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2020/pdf/0520_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)