東京海上日動あんしん生命、奨学金・養育支援の募集開始

大学生等に給付型の奨学金、幼児教育には教材提供

東京海上日動あんしん生命保険株式会社(以下「東京海上日動あんしん生命」)は6月1日、2021年度の「遺児への教育・養育支援」の対象者募集を開始した。
この制度はがんなどの疾病で保護者をなくした子どもたちのサポートを目的とし、今年の募集で5回目となる。大学や短大、専修学校専門課程の学生への給付型奨学金と幼児教育支援の2種類があり、いずれも保険契約の有無に関わらず応募できる。
奨学金は60名、幼児教育支援は30名で、募集期間は10月30日まで。申請書類は公益社団法人日本フィランソロピー協会で受け付けている。

地域・社会の発展を願い、創立20周年を記念して開始

東京海上日動あんしん生命は1996年に創立・開業し、顧客本位で「革新的かつ効果的な」生命保険事業を目指して顧客一人ひとりのニーズに合った商品・サービスの提供に努めてきた。
同社は2016年に創立20周年を記念して広く地域・社会の発展に貢献することを願い、「ピンクリボン運動」等それまでの社会貢献活動に、奨学金・養育支援制度を加えた。
(画像は東京海上日動あんしん生命公式サイトより)


▼外部リンク
東京海上日動あんしん生命 リリース
https://www2.tmn-anshin.co.jp/download/817/200601_news.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動あんしん生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)