あいおいニッセイ同和損保、手話・筆談通訳サービスを開始

聴覚・発話障がいのある顧客の利便性向上に寄与
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は6月5日、聴覚・発話障がいのある顧客の利便性向上のため手話・筆談通訳サービスを開始することを発表した。
これはテレビ電話やFAX・メールなどを用いて顧客から寄せられた内容をオペレーターが顧客の代わりに相手に音声電話で伝える代理電話サービスを提供している株式会社プラスヴォイスとの提携で実現するサービス。
これを利用することで聴覚や発話に障がいのある顧客とも、スムーズかつリアルタイムに自動車保険や火災保険などの連絡や確認、問い合わせに対応することが可能となる。
サービスの開始は2020年6月15日を予定しており、また、「契約に関する問い合わせ」の通訳サービスは、大手損害保険会社では初の導入となる。
ホームページから接続
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社が開始する手話・筆談通訳サービスは、事故の連絡および事故対応が365日8時から21時までの間利用できる。
契約に関する問い合わせは年末年始を除き平日の9時から18時、土日祝日は17時までである。
利用方法は簡単で、顧客がスマートフォンやWebカメラ搭載のパソコン・タブレット等を利用し、同社の公式ホームページ内にある専用アイコンから連絡をするだけである。
専用アイコンからつなぐことで通訳オペレーターとテレビ電話を介した手話・筆談が可能となり、また通訳オペレーターはその会話を同時に電話で同社の担当者へ連携。オペレーターを挟んでのリアルタイムなやりとりが行える。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)