東京海上日動、Microsoft Azureユーザー向けクラウド保険を販売開始

企業向けMicrosoft Azureに無料付帯して販売
東京海上日動は6月23日から、Microsoft Azureユーザーがクラウドサービスを安心して利用できるよう、ユーザーに特化したクラウドサービス専用保険を販売開始する。
Microsoft Azureとは、世界のパブリッククラウド市場でシェア第2位を保持するMicrosoft社のパブリッククラウドサービスだ。
今回、同社は、Microsoft Azureのクラウドソリューションプロバイダーとなっているダイワボウ情報システム株式会社と共同で、Microsoft Azureのユーザー企業向けにクラウド保険を提供開始する。
まずは、企業向けMicrosoft Azureのサービスに無料付帯して販売するとしている。

クラウド保険の特徴

同保険では、Microsoft Azureの障害・停止、Microsoft Azureへの不正アクセス等により、ユーザー企業のシステムやサービスに障害が発生した際の、法律上の損害賠償金や、弁護士費用、訴訟費用等を補償する。
また損害が発生した場合は、ユーザー企業のニーズに合わせ、専門事業者(セキュリティ会社、コールセンター会社、弁護士事務所等)を選定・紹介する。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
東京海上日動 ニュースリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/200623_01.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)