東京海上日動、タイムズ24社と業務提携契約を締結

提携による相乗効果を期待

東京海上日動は6月23日、駐車場事業を営むタイムズ24社と業務提携契約を締結したと発表した。
シェアリングおよびMaaS(Mobility as a Service)社会へと進展する中、同社の保険・サービス等とタイムズ24社の予約制駐車場サービスによる相乗効果を狙う考えだ。

予約制駐車場サービスを展開するタイムズ24社

タイムズ24社では、個人宅の空きスペースや企業の駐車場などを手軽に収益化できる予約制駐車場サービス「B」を展開し、その数は63万台超の規模まで増加している。
だが、イベント開催時の会場や駅付近では、今も駐車場が不足しているところが多く、駐車場を探しながらの走行による渋滞や路上駐車等が発生しているという。
そこで両社が業務提携し、駐車場の確保や違法駐車などの社会課題の解決、利用者の安心・安全、利便性向上を図る。

提携による具体的な取り組み内容

タイムズ24社の予約制駐車場サービス「B」の確保に向け、東京海上日動の法人・個人顧客などの遊休スペースを収益化し、違法駐車や渋滞などの解決につなげる。
また、ユーザーとオーナー双方が安心できるよう予約制駐車場やMaaS領域のリスク調査・保険・サービスの研究開発も進める。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
東京海上日動 ニュースリリース
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/200623_02.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:東京海上日動
(記事提供:スーパー・アカデミー)