カーディフ生命、住宅ローン向けに対話型オンラインツール提供

住宅ローンの仕組みから団信や家計の見直しまで

カーディフ生命保険株式会社(以下「カーディフ生命」)ならびにカーディフ損害保険株式会社(以下「カーディフ損保」)は6月26日、住宅ローンや団体信用生命保険(団信)を対話式に動画で説明するツールを開発したと発表した。
新サービス「ローンスマートナビ」には伊藤忠テクノソリューションズ株式会社が提供する対話式の動画ソリューション「eMotion」を活用。パーソナライズした応答でコミュニケーションを図りながら、住宅ローンに関する様々なトピックをわかりやすく紹介する。
サービスは7月1日から、静岡銀行に提供開始する。住宅ローン利用を考慮中の人は仮審査の申し込み後、スマホやパソコンでサービスをいつでもどこでも利用できるようになる。

ニーズに合った保障プランの選択を早い時期に

「ローンスマートナビ」は団信についても充実したコンテンツを提供し、住宅ローンの本審査前の、ニーズに合った保障プランの選択を支援。
カーディフ生命とカーディフ損保はこれからも住宅ローン保険のパイオニアとして、顧客にわかりやすく便利なサービスの提供を目指していく方針だ。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
カーディフ生命 リリース
https://life.cardif.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)