第一生命、AI-OCR基盤を導入し、事務オペレーションのオートメーション化へ

事務処理の効率化へ

第一生命保険株式会社は2020年7月より、保有契約の手続き処理(保全)領域にAI-OCRを導入することを発表した。
第一生命は、契約内容の変更や、保険金や給付金の支払いなどにかかわる事務処理のために、1日平均およそ7万枚の書類やイメージなどを目視で点検しており、このような作業の効率化を目指し、これまでもデジタル化やRPA、チャットボット等の導入などを行ってきた。
今回、帳票認識および文字認識を行うAI-OCR基盤を導入することで、事務オペレーションのオートメーション化を推進し、事務処理の効率化を実現する。

手書き文字で9割超の読み取り精度を実現

今回、AI-OCR基盤を導入することで、請求書などの所定の帳票のみではなく、病院が発行する診断書や健康保険証などの非定型帳票など、約700種類の帳票の自動読み取りを行い、事務処理のさらなる効率化を目指す。
今回の導入にあたっては、AI機能を活用して20万件以上の診断書や請求書の手書き文字などを学習させ、9割を超える読み取り精度を実現した。
これにより、目視での書類点検や記載内容の入力業務など、約40パーセントの効率化を目指すとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
第一生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.dai-ichi-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)