損保ジャパン、日立ソリューションズとIoTセキュリティー分野で協業へ

セキュリティーリスクを評価し、保険料と連動させる

損害保険ジャパン株式会社は2020年6月25日、株式会社日立ソリューションズと共同で、ビジネス合理性を担保できる保険サービスの開発を目指すことで合意したと発表した。
両社は、IoT活用の成果を最大限に享受するため、従来問題視されていたセキュリティーリスクを適切に評価し、これを保険料と連動させることでビジネス合理性を担保できる保険サービスの共同開発を目指すとしている。
ITとファイナンスの両面から事業活動を支援
昨今、Society5.0の実現に向けて、IoTデータをクラウド上に収集、それらを分析して、工場やプラントで稼働している機器の状況を可視化し、生産性や品質の向上に生かすことが期待されている一方で、サイバー攻撃やIoT機器の脆弱性を狙った不正アクセスなど、そのようなセキュリティーの脅威への対策が重要な課題となっている。
このような状況を受けて、日立ソリューションズと損保ジャパンは、ITとファイナンスの両面からトータルで顧客の事業活動を支援する新たなサービスを共同開発することで今回同意した。
第1弾として、IoTデータを収集し、セキュリティーリスクを診断するPoC(Proof of Concept、概念検証)に協力できる企業を2020年6月26日より募集している。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン株式会社、株式会社日立ソリューションズのプレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)