ペットメディカルサポート、ペットの葬儀費用を集計

保険金請求された金額から算出
ペットメディカルサポート株式会社は7月6日、顧客が保険金請求したペットの葬儀費用に関する集計を行ったこと、またその結果を発表した。
集計は2019年1月1日から12月31日までの1年間、同社のペット保険に加入し葬儀費用として保険金請求をした顧客764名を対象に実施。請求された葬儀費用を集計し、猫、小型犬、中型犬、大型犬、それぞれの平均値を算出した。
結果、猫の葬儀費用は平均26000円、犬の葬儀費用の平均は小型犬が約30000円、中型犬が約33000円、大型犬が約51000円となり、全体の平均では約31000円となった。
身体のサイズに比例
ペットメディカルサポート株式会社が実施したペットの葬儀費用の集計では、保険金請求された葬儀費用は猫、小型犬、中型犬、大型犬の順に高くなるという結果となった。
一般的に犬や猫などペットの葬儀費用は火葬費が大半をしめ、火葬費はサイズ、体重、そして火葬する際に個別か合同かなどといった方法によって決まると言われている。
同社の集計では火葬の方法までは調べていないものの、身体の大きさが小さいものから順に大きくなるにつれ葬儀費用の平均金額も上がっていき、動物の葬儀費がサイズや体重に関係するという相場と同じ結果となった。
同社のペット保険「PS保険」にはペットの葬儀にかかる費用の内30,000円までをサポートする「ペットセレモニー特約(火葬費用等担保特約)」がある。同社では必ず訪れるペットとの別れの際には憂いなく見送りが出来るように同特約の付帯を検討してほしいとのこと。
(画像はペットメディカルサポート株式会社ホームページより)


▼外部リンク
ペットメディカルサポート株式会社プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000057917.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:ペットメディカルサポート
(記事提供:スーパー・アカデミー)