justInCase、Twitterシェアキャンペーン開始

保険をシェアする時代
株式会社justInCaseTechnologiesは7月6日、「わりかん保険」のTwitterシェアキャンペーンを実施することを発表した。
「わりかん保険」は、保険金を契約者同士でわりかんすることで支払った保険料がどのように使われているかの見える化が叶い、かつ圧倒的なコスパを実現する日本初の後払いがん保険。
保険料の後払いとは、前月に保険金請求が起きた場合のみ保険料支払いが発生する仕組みで、これにより自分が支払った保険料が確実に誰かのためになっていることを実感することも出来る。
保障はがん診断時に一時金80万円が支払われ、保険料はその月に支払われた保険金の合計金額をその時点での契約者数でわった金額に、一定の管理費を上乗せした金額が提示される。
フォロー&ツイートでプレゼント
株式会社justInCaseTechnologiesが販売する「わりかん保険」のTwitterシェアキャンペーンは、2020年7月5日から2020年8月31日まで行われる。
キャンペーンの応募はかんたんで、同社の「わりかん保険」公式ホームページにあるキャンペーンボタンをクリックし、表示に従って同社の公式Twitterアカウントのフォローと指定されたテキストをツイートするだけ。
応募が完了すると #わりかん保険などのハッシュタグ文言がツイートされる。
キャンペーンではフォローとツイートを行うことで、抽選で200名にサーティワンアイスクリームレギュラーシングルギフト券が1枚プレゼントされる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
株式会社justInCaseTechnologiesプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000046872.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)