あいおいニッセイ同和損保、WEB上で完結できるサービス開始

自然災害発生時に対応
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は7月31日、自然災害が発生した際に事故の連絡から支払いまでをWEB上で完結できるサービスを開始することを発表した。
これまで自然災害が発生した際の保険金請求手続きは、顧客が保険会社から郵送される保険金請求書に必要事項を記載および押印し、被害物の写真や修理見積書とともに郵送で保険会社に返信していた。
しかし、これには顧客側に多くの手間が発生し、それに加えて郵送の時間も要するため、保険金支払いまでに時間を要していた。
同社ではそのような背景から顧客の利便性向上および迅速な保険金支払いのためにWEBサービスの開発を決定、2020年8月1日よりサービスの提供を開始する。
書類の煩雑さが激減
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社が提供するWEBサービスでは、事故の連絡や必要書類の提出など、災害に関する保険金請求手続きの全てを完結することが可能である。
特に書類関係の手間が減り、これまでは紙に記入していた請求者の氏名や住所、保険金の振込口座等はチャット形式で回答するだけであり、被害物の写真や見積書も画像での提出が可能である。
これにより同社では従来よりも保険金の支払いまでに7日ほど短縮できるとのこと。
また、保険金額等の連絡は顧客のスマートフォンにショートメールで案内されるため、電話確認の手間もなくなった。
同社ではサービスの実施にあたり利用状況や顧客からのアンケートフィードバックを分析、今後もグループ全体で一層のサービス向上を図っていきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)