三井住友海上、エイネット社のWEB会議システムに専用サイバー保険を提供

安心・安全なテレワーク環境に向け

三井住友海上は8月4日から、エイネット社のWEB会議システム「Lite Fresh Voice」(以下、ライトフレッシュボイス)に専用サイバー保険の提供を開始した。
同保険は、会議内容の情報漏えいやサイバー攻撃など、WEB会議で生じるさまざまなリスクを補償するというものだ。

テレワーク増加で情報漏えい・ウイルス感染のリスク大

新型コロナウイルスの感染拡大によるテレワークの増加に伴い、WEB会議システムが活用されることが増えてきた。これにより、情報漏えいやウイルス感染などのリスクも、これまで以上に高くなった。
そこで三井住友海上はエイネット社と連携し、WEB会議システム向けの専用サイバー保険を提供することとした。

保険の概要

同保険は、エイネット社のWEB会議システム・ライトフレッシュボイスを導入すると自動的にセットされ、システムの契約を更新すると、同保険も自動継続される。
また、同会議システムを導入した企業には、三井住友海上がサイバーリスク診断サービスも提供する。
補償内容は、情報漏えい等による損害賠償費用、原因調査費用、サーバーの復旧費用等のサイバー攻撃による損害など。
(画像は三井住友海上ホームページより)


▼外部リンク
三井住友海上 ニュースリリース
https://www.ms-ins.com/news/fy2020/pdf/0804_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)