T&Dフィナンシャル生命、殖やして残して備える「生涯プレミアムジャパン5」を販売

もっと殖やしてもっと備える

T&Dフィナンシャル生命は8月6日、円建終身保険「生涯プレミアムジャパン」シリーズに、新たに開発した「生涯プレミアムジャパン5」を加え、9月1日から販売すると発表した。
円建終身保険「生涯プレミアムジャパン」シリーズは、自身で使うお金と家族に残すお金を準備できる保険だ。
今回開発された「生涯プレミアムジャパン5」は、従来の「介護認知症年金支払移行特約」に加えて「介護認知症前払特約」が新設され、商品内容もリニューアルされた。

「介護認知症前払特約」とは

今回新設された「介護認知症前払特約」は、重度の介護となる「要介護4以上」に認定、または「所定の認知症」と診断された場合に、死亡保険金が前払いされる特約だ。
従来の「介護認知症年金支払移行特約」は、軽度の介護や認知症でも年金を受け取ることができる特約。今回新設された「介護認知症前払特約」を併せて付加することで、軽度から重度までの介護と認知症に備えることが可能となる。

リニューアル内容

今回の新商品では、契約時の初期費用を不要とし、基本保険金額2,000万円以上に「高額割引制度」が導入される。これにより、追加額・定期支払金額をより充実させることができる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
T&Dフィナンシャル生命 ニュースリリース
https://www.tdf-life.co.jp/newsrelease/pdf/20200806.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)