あいおいニッセイ同和損保、自動運転車の実証実験実施

常滑市中部国際空港島において
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は9月18日、自動運転車の社会実装を見据えた実証実験を実施することを発表した。
これは愛知県が主催する「2020年度自動運転社会実装プロジェクト推進事業」の一環として行われるもので、2020年10月3日から10月18日までの木・金・土・日曜日に常滑市中部国際空港島において実施される予定。
愛知県は2016年度より将来を見据えて自動運転の実証実験を実施してきた。また2019年度からは地域ごとに実証テーマを設定。より具体的に社会実装を見据えた実証実験を実施している。
今回、同社では「AIによる忘れ物検知システム」の実証実験を行う。
車内安全のために
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は実証実験において乗客の忘れ物検知およびアラートによる注意喚起を行うデモンストレーションを実施する。
これは実験に使用される自動運転バスに同社と提携するmpathy.ai社が開発を進めている「AIによる乗客見守りシステム」を搭載して行うもので、自動運転バスでの実施は国内初。
車内に設置されたカメラとAIを活用した乗客の見守りを行うことで車内の安全・安心を保つことができる。
同社では今後も各地域の実証実験への参画を通じて、自動運転車の社会実装はもちろん、安全・安心・快適な街づくりへ貢献していきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社ニュースリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)