SOMPOひまわり生命、がんリスク検査の共同実証開始

唾液を郵送、自宅で気軽にできるセルフチェック

SOMPOひまわり生命保険株式会社(以下「SOMPOひまわり生命」)は10月9日、慶應大学発のヘルスベンチャーである株式会社サリバテックとパートナーシップ契約を締結したと発表した。
がんは日本人の死亡原因のトップで、年々増加傾向にある。サリバテックは唾液中の代謝物質を解析してがん罹患リスクを判定する「サリバチェッカー」を開発・提供している。
この検査では自宅で唾液を採集して郵便で送るだけ。体や気持ちに負担をかけることもなく、男性は肺がんや大腸がん等の4種類、女性は乳がんを加えた5種類のがんの罹患リスクを一度に調べることができる。

がんリスク検査と保険商品を融合、新たなサービスを

SOMPOひまわり生命は10月末から顧客を対象に「サリバチェッカー」を提供して、顧客体験の検証等を中心にサリバテックと共同で実証実験を行う。検査後のフォローアップには近隣の医療機関も紹介する。
両社は今後より多くの人に検査を利用してもらうことでがんの啓発や早期発見の拡大を目指し、検査サービスと保険商品を融合した新たな価値の提供を進めていく方針だ。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
SOMPOひまわり生命 リリース
https://www.himawari-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SOMPOひまわり生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)