損保ジャパンら5社、西新宿エリアで5Gを活用した自動運転タクシーの実証実験を実施

11月5日~8日、西新宿を公道走行

損保ジャパンら5社は10月9日、5Gを活用し、自動運転タクシーを公道走行させる実証実験を11月5日~8日、西新宿エリアで実施すると発表した。
今回の実証実験を行うのは、損保ジャパン、KDDI、ティアフォー、Mobility Technologies、アイサンテクノロジーの5社だ。
これら5社は2019年11月から、自動運転タクシーの事業化に向け協力体制を構築してきた。これまでフェーズIとして、ユニバーサルデザイン仕様のJPN TAXI車両に自動運転システムを導入して準備を進めていた。
今回はフェーズIIの最初として、一般社団法人新宿副都心エリア環境改善委員会(以下、環境改善委員会)と「西新宿地区のスマートシティ化推進に向けた連携協定」を締結し、自動運転タクシーJPN TAXIを公道走行させる。

環境改善委員会、西新宿のスマート化を目指す

西新宿エリアは幅広い世代の人々が集まる一方で、広幅員道路・歩車分離の構造により上下移動が多く、高齢者や障がい者には負担となっている。
そこで、環境改善委員会は西新宿のスマート化を目指し、5社と連携して移動に関する課題解決法を検証することとした。

実証実験の概要

実験は11月5日に、京王プラザホテルとKDDI新宿ビルの間で、運転席無人の遠隔型自動走行(主に5G通信)と、セーフティドライバーが乗車した非遠隔型自動走行(主にLTE通信)を行う。
11月6日~8日は、セーフティドライバーが乗車した非遠隔型自動走行により、京王プラザホテルから新宿中央公園まで走行する。通信は5GとLTEを混合利用する。
実証には、日本交通、日の丸交通、帝都自動車交通、荏原交通の4社も交通事業者としてオブザーブ参加する。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパン ニュースリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/20201009_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)