SBI損保、「SBI損保契約者アプリ」、「SBI損保安全運転プログラム」をリリース

契約内容の確認や事故連絡をスマホアプリでスムーズに

SBI損害保険株式会社は2020年10月13日、自動車保険契約者向けのスマートフォンアプリ、「SBI損保契約者アプリ」および「SBI損保安全運転プログラム」をリリースした。
「SBI損保契約者アプリ」は、契約者専用の無料アプリ。契約している保険内容を確認することができる「契約内容照会」や、トラブル発生時の「事故のご連絡」、「ロードサービスの手配」などをアプリ上で行う機能を提供する。また、事故対応の経過情報やロードサービスの手配状況も同アプリから確認することができる。

安心安全なカーライフをサポート

さらに、「SBI損保契約者アプリ」をダウンロード、インストールした上、諸条件を満たした顧客は「SBI損保安全運転プログラム」に参加することができる。
これは、ボッシュ株式会社が販売するテレマティクスプラグ、「安全プラグ」と「SBI損保契約者アプリ」をBluetoothで接続させることで機能するプログラム。急ブレーキ、急ハンドル、急アクセルの回数をスコア化して平均値と比較する「運転診断機能」、事故や大きな衝撃を検知した場合に児童でトラブル画面が展開され、ワンタッチで事故通報やロードサービスの手配を行うことができる「衝撃検知機能」などを提供する。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
SBI損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.sbisonpo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBI損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)