アクサダイレクト、保険料改定を実施

終身医療保険において
アクサダイレクト生命保険株式会社は10月23日、同社が販売する終身医療保険(無解約返戻金型)「アクサダイレクトの終身医療」の保険料改定を実施することを発表した。
これは昨今高まってきている疾病への懸念や自身・家族の保障に関する顧客からの保障見直しニーズに応えたもので、保障内容には変更を加えず保険料は平均で25.1パーセントも引き下げられる。
保険料は主契約および特約に関して料率変更が行われ、内容によって引き下げ率等は変動する。変更は2020年11月2日からの申し込み分より適用され、同保険の販売は2020年11月1日(日)の終日停止する。
ニーズにより合理的に対応
アクサダイレクト生命保険株式会社が行う「アクサダイレクトの終身医療」の保険料改定では主契約と特約が料率変更の対象となる。
具体的にはⅠ型(入院・手術を保障)とⅡ型(入院のみを保障)両方の主契約、3大疾病保険料払い込み免除特約、入院時一時金給付特約、通院支援特約(退院時給付型)が対象となる。
同社では新旧の月額保険料例を示したうえで、各契約年齢の保険料は2020年11月2日以降にWebサイトから確認してほしいとしている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アクサダイレクト生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.axa-direct-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アクサダイレクト
(記事提供:スーパー・アカデミー)