明治安田生命、北陸銀行との地方創生に関する連携協定を締結

知見やノウハウを提供
明治安田生命保険相互会社は10月23日、株式会社北陸銀行と「地方創生に関する連携協定」を締結したことを発表した。
株式会社北陸銀行が生命保険会社と地方創生に関する連携協定を締結するのは同社が初となり、この協定の締結を通じて同社は株式会社北陸銀行が進める諸策に同社が保険事業や社会貢献活動等を通じて培った知見やノウハウを提供。
また同社が2020年4月より展開している「地元の元気プロジェクト」の一環として、富山県内の営業網や全国規模のネットワークを活用する予定である。
同社ではこの協定締結をもって累計で178(166自治体・8地方銀行・4大学)の協定の締結に至っており、今後も引き続き、地域課題の解決や活性化に向け取り組んでいきたいとのこと。
さまざまな面で連携
明治安田生命保険相互会社は株式会社北陸銀行との連携協定において主に3つの件での連携を予定している。
具体的には産業振興や観光振興に関すること、健康づくりの推進に関すること、地方創生の推進に関することがそれにあたる。
特に産業や観光の振興において同社主催の異業種交流会実施や、それを通じて株式会社北陸銀行の取引先企業がビジネス機会を創出することを支援していく予定。
また、健康セミナーや健康フェア、ウォーキングイベント等の共同開催・共同参加など、多くのイベント実施も予定されている。
(画像は明治安田生命保険相互会社ホームページより)


▼外部リンク
明治安田生命保険相互会社ニュースリリース
https://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)