CHUBB保険、長崎市に西日本カスタマーサービスセンターを開設

12月1日、長崎市伊勢町に開設

Chubb損害保険は10月22日、長崎市に西日本カスタマーサービスセンターの開設を決定し、長崎県および長崎市と立地協定を締結したと発表した。
同サービスセンターは2020年12月1日、長崎市のJプロ新大工ビル11階(長崎市伊勢町4-14)に開設される。
今回のサービスセンター開設にあたり、同社代表取締役社長兼CEOディエゴ・ソーサは、
「長崎に新しく西日本カスタマーサービスセンターを開設できること、また長崎の地域の一員となれることを大変光栄に思います。」(プレスリリースより引用)
などとコメントしている。

BCP強化と事業拡大へ

同社は日本全国に20カ所以上のオフィスを構え、主要業務は東京本社を中心に行っている。
今回開設するサービスセンターでは、今後5年間で100名を雇用し、保険金支払い処理業務や、損害保険に関する情報処理業務、ITシステム開発業務など、主要業務の一部を長崎市で行う。
これにより、東京での災害や事故リスクに対するBCP強化と、西日本地区における事業拡大につなげる考えだ。
(画像はChubb損害保険ホームページより)


▼外部リンク
Chubb損害保険 ニュースリリース
http://chubb.mediaroom.com/news-releases?item=125633
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)