SOMPOひまわり生命、簡易請求の取り扱い範囲を拡大

ネット給付金請求・LINEを活用した給付金請求
SOMPOひまわり生命保険株式会社(以下、SOMPOひまわり生命)は2020年11月2日、ネット給付金請求およびLINEを活用した給付金請求において、診断書の提出を不要とする、簡易請求の取り扱い範囲を拡大したことを発表した。
SOMPOひまわり生命は、ネット給付金請求を2019年5月より、LINEを活用した給付金請求を2020年3月より、それぞれ取り扱いを開始した。これにより、これらの手続きの受け付けが24時間365日可能となっている。

約1000種類の手術が簡易請求対象に

これまでは、手術給付金の簡易請求を12種類の手術に限定していたが、今回これを、公的医療保険連動型の医療保険、かつ同社所定の要件を満たす全ての手術についても対応するよう、範囲を拡大した。これによって約1000種類の手術が簡易請求対象となった。
SOMPOひまわり生命は、簡易請求の取り扱い範囲を拡大することにより、さらに多くの顧客に対して迅速な支払いを実現するとともに、契約者が診断書を得るためにかかる費用や労力の負担軽減につながるとしている。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
SOMPOひまわり生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.himawari-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SOMPOひまわり生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)