損保ジャパン、企業のLGBT取り組み評価で最高評価「ゴールド」を受賞

2年連続で「ゴールド」受賞

損保ジャパンは11月11日、LGBTに関する任意団体work with Pride(以下、wwP)より、企業のLGBTに関する取り組みの評価において、昨年に続いて最高評価の「ゴールド」を受賞したと発表した。
wwPは、LGBTに関するダイバーシティ・マネジメントを支援し、LGBTに関する取り組みの評価指標にて企業のLGBTに関する取り組みを評価している。
評価は5つの項目【行動宣言、当事者コミュニティ、啓発活動、人事制度・プログラム、社会貢献・渉外活動】について行われ、それぞれの評価指数で採点される。
同社はこの5項目全てを満たして最高評価を受賞した。

誰もが働きやすい環境構築に取り組む

同社では「LGBT-ALLY コミュニティ」を設立し、LGBTの人を含め誰もが働きやすい環境と風土の構築を目指している。
本社ビル・研修施設には「ジェンダーフリートイレ」、本社診療所には「誰でも更衣室」を設置。新卒採用時のエントリーシートの性別欄に「その他」を追加し、同性パートナーを配偶者とみなした人事制度・福利厚生制度の見直しなどを行った。
また、顧客向け商品についても、「同性パートナー」を配偶者として補償するよう改定を行った。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパンニュースリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/20201112_1.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)