損保ジャパン、低速EV車・自動運転タクシーサービス「Mopi」の公道実証に参画

「Mopi」初の公道実証実験
損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)は2020年11月17日、低速EVを使用した自動運転タクシーサービス「Mopi」の公道実証に参画することを発表した。
これは損保ジャパンが、静岡県浜松市が主催する「実証実験サポート事業」の支援を受け、PerceptIn Japan合同会社と株式会社マクニカが共同で実施するもので、自動運転タクシーサービス「Mopi」の初の公道実証実験となる。

ラストワンマイル問題を抱える中山間部で

今回の実証実験は、「自動運転レベル3+遠隔操作および監視」による社会実装に向けたステップとして実施し、利用者の意見収集を通じた社会受容性の確認や、運用における課題を明確化することを目的としている。
実証実験が行われるのは、ラストワンマイル問題を抱える、浜松市の中山間部に位置する水窪地域。市街地内の旧道約2キロメートルの区間が走行ルートと設定されている。使用される車両は、自動運転の超小型モビリティmacniCAR-01で、平均時速10キロメートルを想定している。また当日はテストドライバーが同乗し、緊急時には車両を操作する。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損害保険ジャパン株式会社のプレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)