明治安田生命、いまから認知症保険MCIプラス発売開始

「いまから」始める準備
明治安田生命保険相互会社は11月27日、新たに5年ごと配当付き認知症終身保障保険(解約返戻金抑制型)「いまから認知症保険MCIプラス」を販売開始することを発表した。
これは同社が展開している「みんなの健活プロジェクト」の関連保険商品第3弾商品で、販売は2021年1月2日からとなる。
現在、認知症は誰にでも起こりうる身近なリスクのひとつとなっており、2025年には65歳以上の約5人に1人、80歳以上の約2人に1人が発症すると推計されている。
しかし、認知症は事前に対策を行うことで発症を予防することや症状の進行を遅らせることが可能と言われており、「いまから認知症保険MCIプラス」では「いまから」認知症を知っていく、「いまから」認知症に備えていく、といった2つの「いまから」始める対策を提供できる商品となっている。
ずっと健康でいるために
明治安田生命保険相互会社の「いまから認知症保険MCIプラス」では、大きく3点のポイントがある。
具体的には、健康でいるためのポイント、認知症にならないためのポイント、そして認知症になった際のポイントである。
中でも健康でいるために同社では「MY健活レポート 認知症保険版」を提供。
認知機能チェックアプリ「かんたんブレインチェック」の判定結果をふまえた顧客ひとりひとりの認知機能状態や、「認知機能低下リスク評価」の判定結果をふまえた認知症予防に役立つアドバイスを確認することができる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
明治安田生命保険相互会社ニュースリリース
https://www.meijiyasuda.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:明治安田生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)