太陽生命、池田泉州銀行でMy介護Bestプラスの販売開始

顧客のニーズに対応
太陽生命保険株式会社は1月15日、同社が提供する無配当終身認知症・生活介護年金保険「My介護Bestプラス」を株式会社池田泉州銀行において販売開始することを発表した。
販売開始は2021年1月18日からとなっており、同社と株式会社池田泉州銀行の間では窓口販売に関する提携が行われている。
「My介護Bestプラス」は、現在もそして今後も続くであろう日本社会の超高齢化に対応した商品となっている。
高齢者が抱える老後の介護や認知症のリスクに対応した準備はもちろん、いざという時の備えにも適しているのが特徴的で、これらの保障を備えた「介護基本プラン」と、それに追加して認知症の保障も行う「認知症充実プラン」を選ぶことが可能な円建ての定額商品である。
全期前納での支払いも可能
太陽生命保険株式会社が提供する「My介護Bestプラス」は、2020年4月の発売開始以降、顧客だけでなく取り扱っている金融機関代理店からも好評を博している商品である。
一生涯の介護保障や死亡保障だけでなく、いざという時の資金準備にも備えられることがその理由であり、所定の介護状態になった際に介護年金が支払われ、万一の際にはまとまった金額を遺すことができる。
また、保険料の払い込みは分割だけでなく全期前納も可能であり、その場合は契約年齢の幅がより広がるというメリットがある。
同社では今後も多様な顧客ニーズに応えるべく、取扱商品やサービスの充実に努めていきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
太陽生命保険株式会社ニュースリリース
https://www.taiyo-seimei.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:太陽生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)