アニコム損保、「人気犬種ランキング2021」発表、あの犬種が12連覇達成!

1位は「トイ・プードル」

アニコム損害保険株式会社(以下、アニコム損保)は2021年1月20日、「人気犬種ランキング2021」を発表した。
これはアニコム損保が2008年から毎年発表しているランキングで、2020年1月1日から同12月31日の間にアニコム損保のペット保険に新規契約した、0歳の犬、12万8674頭の犬種を集計して作成したもの。同時に、2020年12月23日から2021年1月6日にかけてインターネット上で実施し、677の回答を得たアンケート調査の結果も発表した。
これによると、1位に輝いたのは「トイ・プードル」だったことが分かった。これで「トイ・プードル」は12連覇を果たし、不動の人気を証明した。

いつか大型犬と一緒に住みたい

1位の「トイ・プードル」以降には、「チワワ」、「MIX犬(10キログラム未満)」、「柴犬(豆柴含む)」が4位までにランクインしており、昨年と変わっていない。
一方で、「いつか一緒に暮らしてみたいと思っている犬種」についてのアンケート調査の結果では、「温厚な性格と人懐っこさ」や「賢くて存在感がある」などの理由とともに、「ゴールデン・レトリーバー」が1位に輝いた。
また2位には「シベリアンハスキー」、3位には「バーニーズ・マウンテン・ドッグ」、4位は「スタンダード・プードル」と大型犬が続いている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アニコム損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.anicom-sompo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アニコム損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)