SBI損保、T会員向け「SBI損保のがん保険」団体保険のサービス開始

「T会員実額補償がん保険」

SBI損害保険株式会社(以下、SBI損保)とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下、CCC)は2021年2月10日より、T会員を対象に「T会員実額補償がん保険」のサービス提供を開始した。
これは、「SBI損保のがん保険」の団体向け補償制度で、日進月歩で進化するがん治療に対応し、治療費を心配せずにがん治療を選択できることをコンセプトとして開発されたもの。
CCCグループは、TSUTAYA、蔦屋書店などの店舗やオンラインサービス、Tカードをベースとした共通IDプラットフォームなど、生活のあらゆるシーンに新しいライフスタイルを提案し続けることを通じ、「ヒトと世の中をより楽しく幸せにする環境=カルチュア・インフラ」をつくることを目指している。

手頃な保険料で加入できる

「T会員実額補償がん保険」は、CCCを団体契約者とすることで、手頃な保険料で加入することができる保険商品。引受保険会社であるSBI損保が直接契約を取り扱い、CCCはT会員に保険の案内を行う。
ネットにおける保険販売に実績と経験を持つSBI損保と、「T」という共通IDプラットフォームをCCCグループが連携し、7000万人を超える顧客に有益な商品を供給するだけではなく、ネットとリアルの融合を加速させる目的で実現された。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
SBI損害保険株式会社、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社のプレスリリース
https://www.sbisonpo.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBI損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)