日本生命、新型コロナウイルス感染症対策に関する寄付決定

人々の支えになるべく
日本生命保険相互会社は2月12日、クラウドファンディング「新型コロナウイルス感染症:いのちとこころを守るSOS基金」へ寄付することを決定したと発表した。
これは新型コロナウイルス感染症対策に尽力している団体や事業者、医療機関といった幅広い人々への支援を目的としており、同社からの寄付金は2,000万円となる。
「新型コロナウイルス感染症:いのちとこころを守るSOS基金」はREADYFOR株式会社が運営しているプロジェクトであり、基金はいのちとこころを守る社会的支援活動を行う人々、またそれをうける人々の支援に使われる。
具体的には、オンライン相談等の窓口開設費用やオンラインツールの開発・導入費用、精神的疲弊に寄り添いケアする活動に関わる費用への助成などがあげられる。
同社では、基金への寄付を通じて、人々の支えとなれることを期待している。
相互扶助の精神
日本生命保険相互会社は、創業以来「共存共栄」「相互扶助」の精神に基づいて国民生活の安定と向上の一助となるべくつとめてきた。
新型コロナウイルス感染症流行の折にも、保険料払込期間の延長等の特別取り扱いを実施し、顧客の生活が安定し向上することを下支えすべく尽力してきた。
また医療従事者への支援として1億円の寄付やフェイスシールド1万個の無償提供を実施してきた。
同社は基金への寄付など、今後も、新型コロナウイルス感染症の影響をうける人々の一助となれるよう、さまざまな取り組みを進めていきたいとのこと。
(画像は日本生命保険相互会社ホームページより)


▼外部リンク
日本生命保険相互会社ニュースリリース
https://www.nissay.co.jp/news/2020/pdf/20210212.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)