SOMPOひまわり生命、妊婦特化方PHRアプリの活用に向けた実証実験を開始

妊婦の健康管理に「hug+u」

SOMPOひまわり生命保険株式会社(以下、SOMPOひまわり生命)と京都大学発のスタートアップ企業、株式会社Famileaf(以下、ファミリーフ)は2021年2月15日より、妊婦特化方のPHR(Personal Health Record)アプリ活用に向けた実証実験を開始した。
これは、ファミリーフが開発し、提供する「hug+u(はぐゆー)」サービスを拡充して実施されるもので、社会課題とされている妊娠期の合併症やうつ状態の予防・早期発見に貢献することを目指すとしている。
「hug+u」は、産官学連携によって大学・行政・民間企業の英知を結集し、妊婦の抱く出産に対する不安を解消するとともに、楽しみ・安心・健康を提供する目的で開発されたサービス。

健康情報の分析・測定に加え、連携機能も

妊婦のスマートフォンを活用して健康データを収集し、そこから健康状態やストレスの分析・測定を実施することで、体調の管理や個別助言を可能にする。
また、収集されたデータをかかりつけ医等に共有することで、妊娠中の身体t計・精神的不調の早期発見につなげると同時に、家族にも母子の様子やサポート方法を個別に連絡し、周囲からの支援を促すというもの。
さらに、計測率等に応じてコマを進めるすごろく形式で、妊娠・出産の不安を解消したり、マスに応じて、コンテンツを見ながら出産に向けた準備を進めたりと、楽しく健康管理を続ける工夫がされている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
SOMPOひまわり生命保険株式会社、株式会社Famileafのプレスリリースhttps://www.himawari-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SOMPOひまわり生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)