住友生命、スミセイ「Vitality Action」開催110回特別企画実施

110回目の記念イベント
住友生命保険相互会社は2月19日、同社が実施しているスミセイ「Vitality Action」の110回目に特別企画を実施することを発表した。
同社は2017年に110周年を迎えている。その際に記念事業として健康増進をテーマにした新たな社会貢献事業であるスミセイ「Vitality Action」を開始した。
2017年7月より実施し続けてきたスミセイ「Vitality Action」は間もなく110回目を迎える予定であり、同社ではそれに合わせて特別企画の実施を決定。
特別企画は2021年3月13日に、元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗さんを講師に招いてのオンラインイベント。自宅で親子一緒に楽しめる企画であり、参加を希望する小学生の親子200組を募集している。
たいせつな人との運動
住友生命保険相互会社が実施しているスミセイ「Vitality Action」は、2021年2月19日時点で親子スポーツイベントを全国で107回開催している。
その参加人数は5,663組12,049名にのぼり、「たいせつな人とカラダ動かそう!」というコンセプトのもと、様々な種目のトップアスリートを講師に迎えてイベントを実施してきた。
今後は、108回目として2021年2月27日に元サッカー日本代表北澤豪さんを、109回目として2021年3月6日に横浜DeNAベイスターズ元監督中畑清さんを招いてイベントを実施、参加した親子が一緒に運動するきっかけづくりや、家族の絆を深めるための一助にしていきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
住友生命保険相互会社ニュースリリース
https://www.sumitomolife.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:住友生命
(記事提供:スーパー・アカデミー)