損保ジャパンら、「自動運転車向け遠隔見守りサポートアプリ」を開発

遠隔地から複数の自動運転車を見守り

損害保険ジャパン株式会社(以下、損保ジャパン)と株式会社プライムアシスタンス(以下、プライムアシスタンス)は2021年2月22日、「自動運転車向け遠隔見守りサポートアプリ(以下、SOMPO自動運転見守りアプリ)」を開発したこと、および同アプリの実証実験を実施したことを発表した。
実証実験は、2021年1月に実施された「塩尻型地域新MaaS×自動運転実証プロジェクト」において行われ、「SOMPO自動運転見守り」アプリを活用し、東京にある遠隔型自動運転運行サポート施設、「コネクテッドサポートセンター」から、長野県の塩尻駅周辺を走行する複数台の自動運転車に対し、見守りサポートを提供した。

異常検知の際は、オペレーターが乗客へ呼びかけ

「SOMPO自動運転見守りアプリ」の主な機能は、「複数台の走行車両に対する遠隔見守り」、「走行地点の地図情報・走行車両の位置情報の取得」、「異常検知(該当車両の特定・警告音)」、「乗客、レッカー会社等との通話」となっている。
具体的には、1人のオペレーターが、同時に走行する複数台の自動運転車を遠隔地から見守る。走行中に事故やトラブルが発生した場合にはオペレーター画面に異常検知アラートが出現し、その画面をクリックすると「遠隔見守り画面」から「トラブルサポート画面」へと変わり、状況を把握するとともに、乗客への呼びかけや、必要であれば自動運転車のレッカー手配などを行うとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
損保ジャパン株式会社、株式会社プライムアシスタンスのプレスリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)