justInCase、Hameeにて「スマホ画面割れ保険」の販売を開始

スマホを大切に使うと保険料が割引に

株式会社justInCase(以下、jusInCase)は2021年3月1日、スマートフォングッズの商品開発や通販サイトの運営などを行うHamee(ハミィ)株式会社(以下、Hamee)にて、「スマホ画面割れ保険」の代理販売が開始されたことを発表した。
これは、スマートフォンの落下による画面の破損や、突発的な水漏れによる故障、盗難紛失など、さまざまなトラブルによるスマホ修理代や買い替え代金を補償するというもの。
個人の利用度合いに即したダイナミックプライシングを採用しており、スマホを大切に使えば、加入から4カ月目以降の保険料が平均30パーセントオフになる。
Hameeの「iFace」は世界累計販売数2000万個突破
同保険商品を代理販売するHameeは、持ちやすさと優れた耐衝撃性が特徴的な「iFace」を販売しており、2020年12月末時点で世界累計販売数2000万個突破している。
今回発売された「スマホ画面割れ保険」では、スマホに搭載された加速度センサーなどの情報を用いて、スマホの安全利用度をAIが毎日数値化し、この安全利用度を基に個人の利用度合いに応じた保険料が決定されるとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
株式会社justInCaseのプレスリリース
https://news.justincase.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)