アイペット、「ペットのための防災対策に関する調査」結果を発表

ペットに関する防災対策をしているのは2割程度

アイペット損害保険株式会社(以下、アイペット)は2021年3月4日、ペットのための防災対策に関するアンケート調査の結果を発表した。
これはアイペットが、2021年2月10日から同18日にかけて、全国の犬・猫飼育者を対象に、インターネットアンケートとして実施した調査で、1041名から得られた有効回答を集計した。
これによると、「災害を想定してペットに関する防災対策をしている」と回答したのは2割程度であることが分かった。

8割以上が「フード(おやつ含む)・飲料水」を備蓄

具体的に、ペットに関するどのような対策を行っているのか質問したところ、最も多かったのは「『待て』や『おすわり』など、基本的なしつけができている」で、犬飼育者の59.0パーセント、次に多かったのは「普段からクレートやゲージに入ることに慣れさせている」で、犬飼育者の50.0パーセント、猫飼育者の49.4パーセントという結果だった。
さらに、「ペットのために現時点で備えている防災グッズ」では、犬・猫飼育者ともに、「フード(おやつ含む)・飲料水」が8割を超えて圧倒的に多かった。
猫飼育者では「トイレ用品」も7割以上で2番目に多く、犬飼育者では「リード」と「トイレ用品」がそれぞれ6割弱で続いている。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
アイペット損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.ipet-ins.com/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:アイペット
(記事提供:スーパー・アカデミー)