日新火災、「火災保険修理業者紹介制度」を開始 災害時の迅速な復旧をサポート

ローカルワークスと業務提携契約締結

日新火災は4月1日、株式会社ローカルワークスとの業務提携契約締結により火災保険修理業者紹介制度を開始すると発表した。
近年多発している大規模な自然災害では、被害が広範囲となり、建物が被害に遭っても直ちに修理の手配ができないため、保険金も早期に支払われないというケースが生じている。
また、このような自然災害発生時には、悪質な修理業者や保険金請求代行業者などが現れ、被災者との間で多数のトラブルも発生している。
そこで今回、同社では、顧客が自然災害の被害に遭った際に、安心して修理業者を依頼でき、迅速に復旧できるよう、ローカルワークスと業務提携契約を締結し、修理業者紹介制度を開始した。

ローカルワークスとは

ローカルワークスでは、定額リフォーム比較サイト「リフォマ」や、建築業界のマッチングプラットフォーム「ローカルワークス サーチ」などを運営している。
これにより、全国に建物修理業者約5,000社のネットワークを有し、地元の修理業者が多忙となる場合も、近隣県の修理業者を手配することができる。
またローカルワークスが紹介する修理業者は、施工実績や過去の法令違反などを確認済みのため、一定の基準を満たしているという。
(画像は日新火災ホームページより)


▼外部リンク
日新火災 ニュースリリース
https://www.nisshinfire.co.j/pdf/news210401.pdf
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)