セブン-イレブン社用車、三井住友海上の「F-ドラ」・「FOUR SAFETY」を導入

社員の安全運転・事故削減につながるサービス

株式会社セブン-イレブン・ジャパン(以下、セブン-イレブン)と三井住友海上火災保険株式会社(以下、三井住友海上)は2021年4月5日、セブン-イレブンの社用車に「F-ドラ」、「FOUR SAFETY」を導入したことを発表した。
「F-ドラ」および「FOUR SAFETY」は、社員の安全運転や事故削減につながるサービス。セブン-イレブンは2020年3月より、これらのサービスを一部地域で試験的に導入していた。その結果、社員の安全運転意識の向上や、事故・違反削減効果が確認できたため、今回本格導入を決定したとのこと。

「FOUR SAFETY」、ながら運転防止支援サービス

「F-ドラ」は、三井住友海上のフリート契約向け有償サービスで、専用のドライブレコーダーを用いて、「事故・緊急時」、「事故防止取り組み」、「運行管理」の三つをサポートするというもの。
また「FOUR SAFETY」は、シガープラグ型の専用端末とスマートフォンアプリによって、スマートフォン操作を制御するというサービス。ドライバーが乗車すると自動的に専用アプリが起動し、車が一定の速度を超過するとスマホが強制停止、使用できなくする。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
株式会社セブン-イレブン・ジャパン、三井住友海上火災保険株式会社のプレスリリース
https://www.ms-ins.com/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:三井住友海上
(記事提供:スーパー・アカデミー)