第一生命、ミレニアル世代向けの新たな商品ブランドをリリース

新たな商品ブランド「デジホ」

第一生命保険株式会社(以下、第一生命)は2021年4月7日、新たな商品ブランド「デジホ」の立ち上げ、および第一スマート少額短期保険株式会社(以下、第一スマート)の開業を発表した。
「デジホ」は、「ミレニアル世代」や「Z世代」と呼ばれる若者たちが、安心して一歩を踏み出すことができるように応援する目的で開発された商品ブランド。

必要な分だけのシンプルな保障、簡単・スピーディーに

新商品ブランド「デジホ」では、顧客が必要する分だけのシンプルな保障を、簡単かつスピーディーに提供することを目指しており、申し込みから給付金の受け取りまで、全ての手続きがスマホ等で完了する。電子マネーでの給付金の受け取りなど、利便性の向上に努めるとしている。
今後、共通の価値観や生活様式を持つ人々が集まるコミュニティーを運営するビジネスパートナーを通じ、それぞれのコミュニティーのニーズやペインポイントに合わせたオーダーメード商品や、その世界観にマッチしたシームレスな加入体験を提供していくとのこと。
初回商品として、2021年4月9日より「特定感染症保険」が発売された。これは、新型コロナウイルス対応で奮闘するエッセンシャルワーカーの声に応える形で開発されたもの。さらに現在、フリーランサーの声に応える新商品も検討中とのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
第一生命保険株式会社のプレスリリース
https://www.dai-ichi-life.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:その他
(記事提供:スーパー・アカデミー)