損保ジャパン、後続無人の隊列走行向け自動車保険プランを開発

隊列走行特有のリスクを補償

損保ジャパンは4月8日、先進モビリティ株式会社と共同開発した後続無人の隊列走行向け自動車保険プランを、隊列走行の実証事業者に提供開始した。
後続無人の隊列走行とは、先頭車と後続車を車車間通信で一体に制御することにより、後続車が無人の状態で隊列走行するというもので、ドライバー不足の解消やCO2排出量の削減などが期待されている。
後続無人の隊列走行は現在、社会実装に向けた実証実験が行われているが、隊列走行特有のリスクもある。そこで両社はこの実証実験に際し、後続無人トラック隊列走行の専用保険プランを共同開発した。

専用保険プランの概要

新たな補償では、先頭車と後続車の電子けん引が途絶し、後続車両が走行不能となった場合に、車両運搬および運転者派遣費用と、道路管理者等への損害賠償費用を補償。またこの際の、積み荷を目的地まで運搬する費用や、バス等の乗客が目的地まで移動する費用も補償する。
さらに、隊列内への割り込み車に対し、修理費を補償。車両開発事業者等を被保険者として追加し、インフラ設備の欠陥による事故への賠償損害額を補償する。
(画像は損保ジャパンホームページより)


▼外部リンク
損保ジャパン ニュースリリース
https://www.sompo-japan.co.jp/20210408_1.pdf?la=ja-JP
●この記事に関連したニュースカテゴリ:損保ジャパン
(記事提供:スーパー・アカデミー)