あいおいニッセイ同和損保、新型コロナワクチン接種に携わる位医療従事者向け傷害保険、提供開始

安心してワクチン接種業務に従事してもらうために

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下、あいおいニッセイ同和損保)は2021年4月16日、新型コロナウイルスのワクチン接種に携わる医療従事者を対象とした、自治体向けの傷害保険の提供を開始したことを発表した。
これは、全国の自治体でワクチン接種が行われるのにあわせて提供されるもので、ワクチン接種に携わる医師・看護師・薬剤師等の医療従事者に安心して業務に従事してもらうことを目的として、自治体の要請に応じてワクチン接種に携わる医療従事者を対象とした自治体向け傷害保険。

感染で被る後遺障害や入院・通院も補償対象に

同保険商品は、自治体の要請に応じてワクチン接種に携わる医療従事者が、会場でのワクチン接種などの際に被ったけがはもちろん、新型コロナウイルスに感染したことによって被った後遺障害や入院・通院も補償対象としている。
あいおいニッセイ同和損保は同保険商品について、連携協定を締結した自治体を中心に提案を行っていくとのこと。
(画像はイメージです)


▼外部リンク
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社のプレスリリース
https://www.aioinissaydowa.co.jp/
●この記事に関連したニュースカテゴリ:あいおいニッセイ同和損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)