SBI損保、バイク保険の販売開始

ウェブサイトを通じて
SBI損害保険株式会社は4月16日、新たにバイク保険の販売を開始することを発表した。
取り扱うのは「アクサダイレクトのバイク保険」および「三井ダイレクト損保のバイク保険」のふたつで、同社とアクサ損害保険株式会社、三井ダイレクト損害保険株式会社との間に代理店委託契約が締結されたことをうけて開始するものである。
販売の開始日は発表と同日の2021年4月16日からとなり、同社のウェブサイトを通じて販売される。
二輪車ニーズをうけて
昨今、新規二輪免許証取得者の増加や新型コロナウィルス感染症拡大に伴って人と距離を保って移動できる手段のひとつとして二輪車ニーズが高まっている。
リターンライダーも増加しており、国内における二輪車保有台数は増加傾向にあるものの、任意バイク保険の加入率は低く2019年時点では2台に1台は未加入の状況となっている。
しかし、二輪車の安全運転意識は高まりをみせており、このような社会背景からSBI損害保険株式会社は見積もりから契約までウェブ上で完結でき、補償内容も充実しているアクサ損害保険株式会社と三井ダイレクト損害保険株式会社のバイク保険販売を決定した。
これにより、同社ではバイク車両破損と盗難を補償する「みんなのバイク保険」とともに顧客に対して更なる安心を提供できるとしている。
同社では今後も顧客本位の姿勢を大事にし、満足してもらえる商品・サービスの追求を更にすすめていきたいとのこと。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク
SBI損害保険株式会社ニュースリリース
https://www.sbisonpo.co.jp/company/news/2021/0416.html
●この記事に関連したニュースカテゴリ:SBI損保
(記事提供:スーパー・アカデミー)